障害年金を受給した症例

こちらでは、実際に障害年金を受給した症例を紹介しています。障害や病気によって働くことや普段の生活も困難な中、障害年金の受給によりある程度の所得が確保され、自分のペースで働いたり、治療に専念したりと様々な選択肢が生まれます。障害年金は社会とのかかわり方まで変えるものだと思っております。是非とも多くの方に給付が行き届くことを願っております。

障害年金の対象となる主な疾病

精神障害 うつ病、躁うつ病、統合失調症、適応障害、老年および初老などによる痴呆全般、てんかん、知的障害、発達障害、アスペルガー症候群、高次脳機能障害、アルツハイマー、自閉症、認知症、老年性精神病、アルコール精神病、脳動脈硬化症に伴う精神病、頭蓋内感染に伴う精神病、注意欠陥多動性障害、など
ブドウ膜炎、緑内障(ベーチェット病によるものを含む)、白内障、眼球萎縮、網膜脈絡萎縮、網膜色素変性症、網膜はく離、腎性網膜症、糖尿病網膜症、癒着性角膜白斑、など
聴覚・平衡感覚 感音性難聴、突発性難聴、神経性難聴、メニエール病、薬物中毒による内耳障害、頭部外傷又は音響障害による内耳障害、など
鼻腔 外傷性鼻科疾患
口腔言語
(そしゃく言語)
上顎ガン、上顎腫瘍、喉頭腫瘍、喉頭全摘出手術後遺症、上下額欠損、失語症、脳血栓(言語)など
肢体の障害 事故によるケガ(人工骨頭など)、骨折、変形性股関節症、肺髄性小児麻痺、脳性麻痺背柱の脱臼骨折、脳軟化症、くも膜下出血、脳梗塞、脳出血、上肢または下肢の切断障害、重症筋無力症、上肢又は下肢の外傷性運動障害、関節リウマチ、ビュルガー病、進行性筋ジストロフィー、脊椎損傷、パーキンソン病、硬直性脊椎炎、脳血管障害、脊椎の器質障害、慢性関節リウマチ、筋ジストロフィー、ポストポリオ症候群、脳卒中、脳脊髄液減少症、など
呼吸器疾患 気管支喘息、拡張型心筋症、僧帽弁閉鎖不全、アダム・ストークス症候群、心筋梗塞、動脈硬化、狭心症、慢性心包炎、心房細動、完全房室ブロック、慢性虎血性疾患、大動脈弁狭窄症、慢性気管支炎(ぜんそく)、肺結核、じん肺、膿胸、肺線維症、肺気腫、呼吸不全、など
循環器疾患 心筋梗塞、心筋症、冠状僧幅弁閉鎖不全症、大動脈狭搾窄症、先天性疾患、など
腎疾患 慢性腎炎、慢性腎不全、糖尿病性腎症、ネフローゼ症候群、慢性糸球体腎炎、など
肝疾患 肝炎、肝硬炎、肺がん、など
糖尿病 糖尿病(難治性含む)、糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症、糖尿病性と明示されたすべての合併症、など
血液 再生不良貧血、溶血性貧血、血小板減少性紫斑病、化学物質過敏症、白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、骨髄異形成症候群、凝固因子欠乏症など
その他 人工肛門、人口膀胱、尿路変更、クローン病、潰瘍性大腸炎、白血病、周期性好中球減少症、胃がん、HIV、乳がん、子宮顎がん、直腸がん等のがん全般、悪性新生物、脳脊髄液減少症、悪性高血圧、その他難病、など色々な傷病を併発しているなど実に様々な症状がります。判断できない場合は専門家に相談して下さい

 

お気軽にお問い合わせください。06-6131-5918受付時間 9:00-21:00 [ 年中無休 ]

24時間受け付けの無料相談はこちらお気軽にお問い合わせください。