■うつ病 30代女性 障害基礎年金2級 年間78万100円受給できたケース

相談者 女性(30代) / 主婦  / 大阪府大阪市
傷病名 うつ病
決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級
その他
決定した年金額 78万100円

症状

平成25年頃より食欲不振になり、不眠、神経症の下痢に悩まされておられました。

職場での長時間労働、心労もあり、心療内科を受診し、ここでうつ病と診断されました。

勤務先を休職し自宅で寝込む日々で、頭痛も絶えない状態でした。

不安感や不眠、いらだち、焦燥感、不機嫌など感情のコントロールもできない状態で苦しまれていました。

その後、昼夜問わず飲酒量が増え、家事・育児もほとんどできず、日中は横になっている状態でした。

また、生活のためにパートを始めるも、業務上の注意を受けたことで気分が落ち込み、ここで処方薬も過量服用等となっておられました。

パートを辞め、療養に専念するも、状態は良くならず、飲酒量は益々増え、拒食症状有りの状態となったところで障害年金の申請を検討。

しかし、「手続きが複雑すぎてできない」とのことで、受任となりました。

 

申請結果

障害年金受給年額 : 78万100円

 

うつ病で障害年金を請求するには