■躁うつ病 40代男性 障害厚生年金2級 年間151万4,000円+遡及額100万9,300円受給できたケース

相談者 男性(40代) / 会社員 大阪府大阪市
傷病名 躁うつ病
決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級
その他 遡及請求
決定した年金額 151万4,000円  (+遡及額 100万9,300円)

症状

平成23年度頃から、うつが半年ほど続き、その後、躁状態になるという事を繰り返しておられました。

躁状態のときは、飲酒量が増え、よく一晩飲み歩いて家に帰らないことも多々あり、

逆にうつ状態になると生活意欲や仕事への気力がなくなり、1日中自宅の自室に引きこもり、寝込まれている状態でした。

その後、1年間休職し治療に専念しましたが、復職することなく退職。

退職してからは、正規非正規問わず就職と退職を繰り返し、約1か月毎に躁とうつを繰り返す状態でした。

うつ状態になると、仕事に自信もてず働くことが出来ない状態でした。

 

申請結果

障害年金受給年額 : 151万4,000円
認定日請求(遡及請求)額 :100万9,300円

※遡及請求とは
遡及請求とは、初診日から1年6ヶ月経過した日である障害認定日時点に、なんらかの理由で請求されなかった場合に、障害認定日から1年以上経過した後で、障害認定日時点に遡って請求することをいいます。

 

躁うつ病で障害年金を請求するには