社会保険労務士への依頼するケースと選ぶ基準

こちらをご覧いただいている方は、ご自身の為、もしくはご家族のために障害年金についてお調べなのかもしれません。

大阪駅前障害年金相談室(濱路社労士事務所)では障害年金の情報を発信しながら、障害年金の手続き業務も行っています。本HPも皆様の情報の収集源になれるよう、今後もさらに充実させてきたいと考えております。

皆様が一番最初に知りたいこととして

  • 社会保険労務士に依頼したほうが良いのか?
  • 仮に依頼するとした場合、選ぶ基準は?
というのがあげられると思います。

障害年金を啓蒙する立場として正直な意見を書いてみたいと思います。

 

①社会保険労務士に依頼したほうが、損をするリスクがなくなる

障害年金の申請において一番怖いのは、「本来の等級より低く決定される」、「本来貰えるはずが不支給決定となってしまう」、といったケースです。これは、障害年金にあまり詳しくない方が作成することで、各書類間の整合性が取れずに「矛盾」が生じてしまい、これを認定側が内容の確認を取らずに不利益な決定を下してしまいます。(この認定方法も大きな問題ですが。。)

障害年金の申請は請求に対して一度結果が出てしまうと、それを審査請求で決定内容を変えるには更なる労力と時間が必要となります。一度提出してしまった書類はどこまでもついて回るのです。これが障害年金が一発勝負と言われる所以です。

不支給決定を受けてしまった状態でご相談いただくケースもありますが、「初めからご相談いただけていればもっと早く支給を受けられたのに・・」と思うことも少なくありません。

どうか最初の請求から社会保険労務士にご相談ください。

審査請求・再審査請求の難しさを知ってのお願いです。

 

②障害年金専門の社会保険労務士を選ぶ

弁護士で刑事事件が専門の方がいれば、離婚問題が専門な方がいるように、社会保険労務士にも専門分野があります。

労働問題や給与計算を扱っている社会保険労務士の方は、障害年金の手続きに関してはあまり詳しくないことが通常です。(私もこれらの方から、よく相談を受けたり、相談者様の紹介を受けたりします)

難易度が高く、専門知識を要する障害年金申請ですので、お近くの障害年金専門の社会保険労務士にご相談ください。

 

③自身の傷病の分野を専門にした社会保険労務士を探す

障害年金専門の社会保険労務士でも、数ある傷病のすべてを網羅し、すべての支給基準や書類作成のポイントを熟知することはできません。

もしあなたがお腹が痛くなって薬局に薬を買いに行ったとき、「腹痛で苦しんでいるならこれで一発解消の薬」「頭痛・腹痛・胃痛すべてに効く薬」があったらどちらを買うでしょうか?すべてに効く薬より一つの症状だけに徹底的に効くと書かれている薬の方が信用できませんか?

手足の障害、がん、精神疾患専門等、自身の傷病の状態にあった社会保険労務士を探してみてください。

 

④社会保険労務士に依頼しなくてもよいケース

障害の種類や状態によっては、法令や認定基準で明確に等級が定められており、診断書や病歴・就労状況等申立書等の書類の内容の影響をあまり受けないものもあります。(例えば人工透析治療=2級等)

明確な数値や状態で等級が定められており、かつ初診日の証明が簡易に取れる場合は、社会保険労務士に報酬を支払って依頼するよりも、ご自身やご家族で費用をかけずに申請するほうが総合的にみると良いのかもしれません。

 

まとめ

障害年金の申請で失敗しないために、

①支給決定で損を防ぐための専門家の活用
②障害年金を専門にした社会保険労務士の活用
③自身の傷病の分野を専門にした社会保険労務士の活用

がポイントとなります。

また、社会保険労務士の人柄を見ることや打ち合わせを顔を合わせて行うことも重要ですので、

④自宅からの物理的な距離が近い社会保険労務士事務所

であるということもポイントになってくるかもしれません。

大阪駅前障害年金相談室では、大阪市内、北摂エリア、阪神間を中心に精神疾患を専門に支援をさせていただいております。

精神疾患で障害年金受給をお考えの方は、ぜひ当事務所の無料相談をご利用ください。

お気軽にお問い合わせください。06-6131-5918受付時間 9:00-21:00 [ 年中無休 ]

24時間受け付けの無料相談はこちらお気軽にお問い合わせください。