■若年性アルツハイマー型認知症 55歳女性 障害基礎年金1級 年間約100万円受給できたケース

相談者 女性(50代) / 主婦 / 大阪府大阪市
傷病名 アルツハイマー型認知症
決定した年金種類と等級 障害基礎年金1級
その他
決定した年金額 約100万円

症状

平成28年頃から、これまで温厚であったが同居のご家族に対して暴言、外出後帰ってこない、家の中でゴミを散乱させる、同じものをたくさん買う、布団で寝たままで排せつをしてしまう等の状態であり、認知症にしては若い年齢であるので、病院で診断を受けると若年性アルツハイマー型認知症とのことでした。

常時ご家族かヘルパーさんがついていないと食事、排せつ、風呂等が困難であるため施設等での生活も検討中の状態での申請となりました。

 

申請結果

障害年金受給年額 : 約100万円

 

若年性アルツハイマー(認知症)で障害年金を請求するには