なぜ私が障害年金業務をやっているのか?

社会保険労務士
濱路 陽平

1985年12月14日 香川県観音寺市生まれ
近畿大学経営学部商学科出身

大学卒業後、パナソニックグループ企業で10年間勤務。
工事会社への電気設備の営業、新築のマンションやビルの工事現場での施工管理、補助金申請業務等を経験しました。

非常に忙しい業界業種だったこともあり、社内外でうつで休職退職していく人を多数目の当たりにし、今日の日本のうつ病になってしまう人の多さを知ると同時に、働けない方に対して支給される障害年金の存在をこの時知りました。

しかし、この障害年金制度が、世間に認知されていないこと、手続きが非常に煩雑であるということ、受給障壁が高いということから、制度として十分に機能していないことに今も疑問、憤りを感じております。

そこで、このような方々の役に立ちたいという思いを胸に、その後社会保険労務士の資格を取得、障害年金の知識と業務を経験し、できるだけ多くの方にこの制度を知っていただくため為に「相談料、出張訪問の費用は頂かない」という形で、障害年金申請業務を中心に活動してまいりました。

障害年金制度を世の中に広め、障害によって働けない人達が豊かな生活を維持できるようになること、一人でも多くの必要としている方にこの制度をお届けすることが私の使命です。

お気軽にお問い合わせください。06-6131-5918受付時間 9:00-21:00 [ 年中無休 ]

24時間受け付けの無料相談はこちらお気軽にお問い合わせください。