■軽度精神発達遅滞 20代男性 障害基礎年金2級 年間約77万円受給できたケース

相談者 男性(20代) / アルバイト / 大阪府
傷病名 軽度精神発達遅滞
決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級
その他
決定した年金額 約77万円

 

症状

幼少期のころから周りと比べて発達が遅い傾向でありましたが、普通学級に通っておられました。

学力が低い傾向にあり、周りとうまくコミュニケーションをとることができませんでした。

高校卒業後アルバイトを開始しますが、上司の指示が理解できず、何度教えられても言われたことが出来ないため解雇となりました。

対人コミュニケーションがうまくとれない状態で、今後に不安を感じたため「発達障害者支援センター」に相談に行き、その後の検査の結果、精神発達遅滞と診断されました。

 

 

申請結果

障害年金受給年額 : 約77円 

 

発達障害で障害年金を請求するには