■総合失調症 30代女性 障害厚生年金3級 年間約58万円+遡及額約135万円受給できたケース

相談者 女性(30代) / 主婦 / 大阪府大阪市
傷病名 統合失調症
決定した年金種類と等級 障害厚生年金3級
その他 遡及請求
決定した年金額 約58万円 (+遡及額 約135万円)

症状

会社勤務していた10年前、「いろいろなことがわかる」といった異常体験が出現し、その後幻覚、幻聴独笑、異常な言動などが現れたため精神科を受診し、以後休職と復帰を繰り返す状況になりました。

月に4~5回の頻度で通院し、服薬を続けているが、幻覚、幻聴、被害妄想が継続的に出現し、時折多弁といった症状もみられました。

受診した病院が多数あるため、受診歴を整理しながらの請求となりました。

初診から障害認定日の時期にかかっていた病院と現在かかっている病院の二つの医療機関に診断書を作成していただき、障害認定日請求となりました。

 

申請結果

障害年金受給年額 : 約58万円

認定日請求(遡及請求)額 :約135万円

▶認定日請求(遡及請求)とは?

 

統合失調症で障害年金を請求するには